オーストラリアで誕生

チョークアートの発祥はイギリスのパブ看板

その後、イギリスからの移民と共にオーストラリアに渡り、オーストラリアの看板職人によって、よりカラフルでアートになりました。

元々はスクールチョークで描かれていたものですが、耐久性や色のニーズによって、オイルパステルで描かれるようになりました。

「オイルパステル」の画像検索結果

パステル2

 

日本には20年近く前に広まってきた、まだ新しいアートです。

現在は看板、メニューボードはもちろん ウエディングボード、表札、似顔絵、インテリアとして。。。幅広く活躍しています。

 

 


コメントをお待ちしています

Powered by Facebook Comments